ともに社会をつくる

ともに社会をつくる

活動紹介

6/16の日本語教室

遅くなりましたが先週6月16日の日本語教室の報告です。この日も多くの学習者とボランティアが集まりました。漢字検定の勉強をしたり、父の日のメッセージを書いたりしているお子さんもいました。ちょうど川口市で写真展を開催していま

続きを読む »

6/9の日本語教室

6月9日の日本語教室の報告です。この日も大勢のボランティアと学習者が集まりました。Kポップが大好きな小学生のクルド人の女の子が、覚えたてのハングルを教えてくれました。また、私たちの日本語教室に毎週通っているDさんに、在留

続きを読む »

6/2の日本語教室

6月2日の日本語教室の報告です。この日も多くの方が参加し、議員さんも見学にいらっしゃいました。トランプゲームの「神経衰弱」を楽しむお子さんもいれば、女性同士の会話で盛り上がるグループ、産業廃棄物の取集運搬の試験勉強に取り

続きを読む »

5/26の日本語教室

5月26日の日本語教室の報告です。この日もたくさんの方が集まりました。特に子どもさんが多く、ボランティアの方々と楽しく遊んでいました。初めて参加した大学生からの感想を紹介します。 ボランティアにはじめて参加させていただき

続きを読む »

5/19の日本語教室

遅くなりましたが、5月19日の日本語教室の報告です。この日は、お天気が良いので学習者さんやボランティアさんも出かけているかなと思いきや、たくさんの人が参加して盛り上がりました。 「小学校のPTA総会って何ですか?」「収集

続きを読む »

5/12の日本語教室

5月12日の日本語教室の報告です。この日は「母の日」でしたのでお母さんにプレゼントする絵を描くお子さんがいました。男の子は大学生と腕相撲大会をして盛り上がっていました。ボランティアに参加した方の感想を紹介します。 ボラン

続きを読む »
[newsNew num="6" cat="9" days="7" add_text="New"]
メディアでの紹介

紹介記事など 4月~6月

■クルド人、ありのままに記録 きょうあす、川口で写真展 /埼玉(6月15日:毎日新聞)https://mainichi.jp/articles/20240615/ddl/k11/040/056000c ■一つ一つの物語見

続きを読む »

インタビュー記事掲載

弁護士JPニュースにインタビュー記事が掲載されました。 ■蕨市・川口市「在日クルド人問題」支援団体代表者が語る“ヘイト”の連鎖が止まらない背景https://www.ben54.jp/news/1024

続きを読む »

クルド人に対するヘイトスピーチ

昨日、4月4日付けの毎日新聞でクルド人に対するヘイトスピーチの問題が大きく取り上げられました。写真は毎日新聞の紙面です。当会にも差別的なメールや電話が相次いでおり、法的な対応を含めて検討しているところです。 ■電話口に響

続きを読む »

ネウロズ(NEWROZ)などの報道

ネウロズ(NEWROZ)やこの間の在日クルド人の状況についての報道をまとめました。写真は、テレビ朝日のニュース画面 ■クルド人の「春を告げる」お祭り 課題乗り越え“共生”へ 歩み寄る市民(テレビ朝日)https://ne

続きを読む »

NHKの番組での紹介

2月2日、NHKの首都圏情報 ネタドリ!で「埼玉・川口市がクルド人めぐり国に異例の訴え なぜ?現場で何が?」と題した番組が報道され、当会の活動の一部も紹介されました。https://www.nhk.or.jp/shuto

続きを読む »
[newsNew num="6" cat="7" days="7" add_text="New"]

在日クルド人と共に

私たちは日本に暮らす外国籍の人・外国にルーツのある人、そのなかでも在日クルド人との交流・支援を通じて、多民族・多文化の社会を共に創ろうと考えています。お互いの関わりを通じて新たな文化や価値観を創造していくことが活動の目的です。

在日クルド人と共に

私たちは日本に暮らす外国籍の人・外国にルーツのある人、そのなかでも在日クルド人との交流・支援を通じて、多民族・多文化の社会を共に創ろうと考えています。お互いの関わりを通じて新たな文化や価値観を創造していくことが活動の目的です。

活動内容

教育支援

大人のための日本語教室を毎週日曜日開催しています。日本で生活するために必要な日本語やスキルアップのための機会を提供しています。ボランティアとの交流の場にもなっています。

医療相談

在留資格によっては国民健康保険に加入できない人もいます。そのため医療費が全額負担となり生活に重くのしかかってきます。そうした医療費の支払いなどの相談を病院も交えて行っています。

交流・勉強会

レクリエーションや家庭訪問などを通じて交流を深めたり、難民申請制度などの勉強会を行ったりして課題の把握に努めています。